トップ > 暮らしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > 小児用肺炎球菌ワクチン

ここから本文です。

更新日:2022年6月29日

小児用肺炎球菌ワクチン


予診票は、出生月の翌月にヒブ・四種混合・BCG・B型肝炎・ロタウイルスの予診票と一緒に郵送いたします。

小児用肺炎球菌ワクチン予防接種について

予防する病気

小児の肺炎球菌感染症

対象者

生後2月から5歳に至るまでの間にある者

接種回数と接種間隔

小児用肺炎球菌ワクチンは、1回目の接種を開始した月齢によって接種回数が異なります。

  1. 生後2月から7月の間に1回目を接種した場合は4回接種
    1~3回目の接種を「初回」、4回目の接種を「追加」と区分しています。
    • 初回
      27日以上の間隔をおいて3回。
      標準的には、1歳に至るまでの間に行う。
      ただし、2回目の接種が2歳を超える場合、3回目の接種は行わない。
      また、3回目の接種が2歳を超える場合も、3回目の接種は行わない。
      2歳に至るまでに「初回」が完了していなくても「追加」は実施できる。
    • 追加(1歳に達してから)
      3回目の接種日から60日以上の間隔をおいて1回。
      標準的には、1歳から1歳3月に至るまでの間に行う。
  2. 生後7月から1歳の間に1回目を接種した場合は3回
    1~2回目の接種を「初回」、3回目の接種を「追加」と区分しています。
    • 初回
      27日以上の間隔をおいて2回。
      標準的には、1歳に至るまでの間に行う。
      ただし、2回目の接種が2歳を超える場合、2回目の接種は行わない。
      2歳に至るまでに「初回」が完了していなくても「追加」は実施できる。
    • 追加(1歳に達してから)
      2回目の接種日から60日以上の間隔をおいて1回。
  3. 1歳から2歳の間に1回目を接種した場合は2回
    60日以上の間隔をおいて2回。
  4. 2歳から5歳の間に1回目の接種をした場合は1回

予診票の郵送時期

出生月の翌月

注意事項

小児用肺炎球菌ワクチンの予防接種は接種を開始した月齢により接種回数が異なりますのでご注意ください。

接種場所

当日持参するもの

  • 通知書(予診票)※記入を忘れずに
  • 母子健康手帳

どちらか忘れた場合は接種できませんのでご注意ください。

お問い合わせ

垂水市役所保健課健康増進・元気プロジェクト係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625