トップ > 暮らしの情報 > 健康・医療 > 感染症 > 性感染症

ここから本文です。

更新日:2021年3月29日

性感染症

性感染症は、病院に行くのをためらったり、放置していると、どんどん進行していきます。

女性なら卵管炎や子宮内膜炎、骨盤腹膜炎などをおこし、不妊の原因になることもあります。

もちろん、治療を受けないまま性交渉を持てば、性感染症を広める結果になります。

おかしいと思ったら、一日も早く診察を受けましょう。

淋病

原因

淋菌による感染

潜伏期間

2日~1週間

症状

  1. 男性
    排尿時の激しい痛み、膿が出たり、熱感
  2. 女性
    おりものが多くなったり、外陰部のかゆみ程度で自覚症状が少なく、感染に気づきにくい。
    尿道まで感染が広がると排尿時痛

治療

早期に治療を受けると1~2週間で治る。ペニシリン系の内服や注射が効果的。

クラミジア感染症

原因

クラミジア・トラコマチスによる感染

潜伏期間

2~3週間

症状

  1. 男性
    排尿時の痛み、かゆみ、尿道口から膿などが出る
  2. 女性
    おりものが増える、無症状のことも多い

治療

抗生物質や抗炎症剤を投与します。
再発・慢性化しやすいので治療は医師の指示を守って根気よく。

診療科

  1. 男性泌尿器科
  2. 女性産婦人科

お問い合わせ

垂水市役所保健課健康増進係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625