トップ > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化・芸術 > 第4回ふるさと俳句コンクール

更新日:2018年3月27日

ここから本文です。

第4回ふるさと俳句コンクール

ふるさと俳句コンクールは、「ふるさと垂水を愛し、誇りにする子ども」の育成を目的としたコンクールです。
第4回の今年は市内の小・中・高校生240名から総計333句もの応募がありました。
各学校では、今後もふるさとを見つめる子どもたちの眼を育てていきます。今後の「ふるさと俳句コンクール」の成長にご期待ください。

応募及び審査結果

対象

垂水市内小学校5年生以上の児童並びに中学、高等学校の生徒

作品

  1. 季題垂水の自然、歴史、文化を詠んだもの
  2. 条件本人の創作で未発表の作品
    校内の展示や学校便り等で地域住民・保護者へ紹介したものは構わない。
  3. 一人2句以内

審査結果

応募のあった333句のうち、33点の作品が入賞されました。

  1. 教育長賞 3点(小学生1点、中学生1点、高校生1点)
  2. 特選 10点(小学生4点、中学生4点、高校生2点)
  3. 入選 21点(小学生8点、中学生8点、高校生5点)

入選作品、選評

教育長賞

柊原小学校5年 鶴田成貴さん
「十五夜の 月を明りに すもうとる」

垂水中央中学校3年 川畑英侃さん
「ウグイスの 初鳴き聞いて びわ熟れる」

垂水高等学校2年 林美幸さん
「雪兎 白さが何故か 温かい」

入選作品及び選評一覧

このページに関するお問い合わせ先

垂水市教育委員会学校教育課学校教育係

鹿児島県垂水市旭町61-2

電話番号:0994-32-7213

ファックス:0994-32-4165