トップ > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化・芸術 > 第2回ふるさと俳句コンクール

更新日:2018年3月27日

ここから本文です。

第2回ふるさと俳句コンクール

「ふるさと垂水を愛し、誇りにする子ども」の育成をめざして始まった「ふるさと俳句コンクール」ですが、第2回の今年は市内の小・中・高校生634名から総計926句もの応募がありました。一次・二次審査を経た以下の句が、各賞を受賞しました。各学校では、今後もふるさとを見つめる子どもたちの眼を育てていきます。今後の「ふるさと俳句コンクール」の成長にご期待ください。

応募

対象

垂水市内小学校5年生以上の児童並びに中学、高等学校の生徒

作品

  1. 季題垂水の自然、歴史、文化を詠んだもの
  2. 条件本人の創作で未発表の作品
    校内の展示や学校便り等で地域住民・保護者へ紹介したものは構わない。
  3. 一人2句以内

入選作品

教育長賞

柊原小学校6年 池田将馬さん
「銀の腹 きびなごはねて あみ光る」

垂水南中学校3年 川﨑流誠さん
「天高く 雲の切れ間に 鷹渡る」

垂水高等学校2年 井川龍居さん
「夏の海 潮満ちてきて 竿を振る」

作品及び選考結果一覧

このページに関するお問い合わせ先

垂水市教育委員会学校教育課学校教育係

鹿児島県垂水市旭町61-2

電話番号:0994-32-7213

ファックス:0994-32-4165