トップ > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 第三者行為による傷病の届け出について

ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

第三者行為による傷病の届け出について

第三者行為による受診について

交通事故など、第三者の行為によって怪我をした場合はその相手方に医療費を負担していただくこととなります。
しかし、「第三者行為による傷病届」を提出した場合は、国民健康保険証を使って受診することができます。この場合、国保側で一度医療機関へ医療費の立替払いを行い、その後相手方に立替払い分を請求することになります。

「第三者行為による傷病届」について

交通事故などの第三者の行為によって生じた傷病は、保険者である垂水市へ届け出ることが義務付けられています。(国民健康保険法施行規則第32条の6)
交通事故後速やかに次の届出の提出をお願いします。やむを得ず、届出前に国保保険証を使い受診する場合でも、国保係までご連絡ください。任意保険に加入している場合は損害保険会社が代行して提出することができます。

  • 第三者行為による傷病届
  • 事故発生状況報告書
  • 念書

手続きの際には次のものをご用意ください。

  • けがをした人の国民健康保険証
  • 手続きに来られる方の身分証明書(運転免許証等)
  • 朱肉を使う印鑑(怪我をされた方の属する世帯の世帯主の印鑑・怪我をされた方の印鑑)

届出様式のダウンロードはこちらから

示談について

届け出の前に示談が成立してしまうと、示談内容によっては国保を使っての治療が受けられない場合があるほか、国保から相手方へ請求することが出来なくなる場合がありますので、示談には慎重に応じるようにしてください。

 

 

お問い合わせ

垂水市役所市民課国保係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?