トップ > 暮らしの情報 > 健康・医療 > 自殺対策 > 自殺対策計画 > 自殺の現況

ここから本文です。

更新日:2020年3月27日

自殺の現況

このページでは、垂水市いのち支える自殺対策計画第3章より、「自殺の現況」についてご紹介しています。

自殺者数と自殺死亡率の推移

本市の自殺者数は、平成22年から平成27年においては、人口動態統計と自殺統計ともに、11人をピークに減少傾向にあります。また、自殺統計において、平成25年から平成29年の5年間を見てみると、自殺者数合計は18人(男性15人・女性3人)、平均自殺者数は3.6人、平均自殺死亡率は22となっており、平均自殺死亡率は、全国・鹿児島県より高い数値を示しています。

図3本市の自殺者数の推移

 

図4全国・件・本市における5年間の自殺者数

年間における性別・年代別の自殺者数と自殺死亡率

平成25年から平成29年の5年間において、自殺統計(自殺日・住居地)から自殺者数合計を性別で見てみると、全国・鹿児島県同様に、男性の方が割合が高く、男性割合は83.3%、女性割合は16.7%となっています。また男性割合は、全国・鹿児島県よりも高い割合であることを示しています。平成25年から平成29年の5年間において、自殺統計(自殺日・住居地)から性別・年代別の自殺者割合を見てみると、60代男性の割合が最も高く22.2%、次いで50代男性が16.7%となっています。

図55年間合計における性別の自殺者割合

 

図65年間平均における性別・年代別の自殺者割合

 

図75年間平均における性別・年代別の自殺死亡率

5年間における同居人の有無別・性別・年齢階級別の自殺者数と自殺死亡率

平成25年から平成29年の5年間において、自殺統計(自殺日・住居地)から同居人の有無別で見てみると、「同居人あり」の場合、男性は年代を経るごとに自殺死亡率は高くなっています。「同居人なし」の場合、男女ともに各年齢階級の人口が異なるため、自殺死亡率の差が大きくなっています。

図8男性5年間における同居人の有無別・性別・年齢階層別の自殺者数と自殺死亡率

 

図9女性5年間における同居人の有無別・性別・年齢階層別の自殺者数と自殺死亡率

 

図1060歳以上の自殺者内訳

5年間における仕事の有無別・性別・年齢階級別の自殺者数と自殺死亡率

平成25年から平成29年の5年間において、自殺統計(自殺日・住居地)から仕事の有無別で見てみると、「仕事の有無」による自殺死亡率の差が大きくなっています。特に男性で「無職」の場合、各年齢階級の人口が異なるため、自殺死亡率の差が特に大きくなっています。

図11男性5年間における仕事の有無別・性別・年齢階層別の自殺者数と自殺死亡率

 

図12女性5年間における仕事の有無別・性別・年齢階層別の自殺者数と自殺死亡率

 

図13有職者の自殺者内訳

5年間における本市の特徴

平成25年から平成29年の5年間において、自殺統計(自殺日・住居地)から同居人の有無別や仕事の有無別等で見てみると、男性60歳以上で、「無職者」かつ「同居人あり」の場合に自殺者数が最も高くなり、次いで男性40〜59歳で、「有職者」かつ「同居人あり」の場合に自殺者数が高くなっています。これらの結果を踏まえ、本市が重点的に対策を講じる必要がある分野は、「高齢者」「生活困窮者」「勤務・経営」の3つと言えます。

図14地域の自殺の特徴

 

図155年間における同居人の有無別・仕事の有無罰・性別・年齢階級別の自殺者割合と自殺死亡率

お問い合わせ

垂水市役所保健課健康増進・元気プロジェクト係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?