トップ > 暮らしの情報 > 税金 > 税の分野とマイナンバー > 税の分野におけるマイナンバーが必要な手続

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

税の分野におけるマイナンバーが必要な手続

税の分野におけるマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の概要

マイナンバー制度の導入後、税の分野においては、申告書等の税務関係書類に個人番号・法人番号を記載することにより、税務行政の効率化及び納税者のサービス向上が図られることが期待されています。

マイナンバーの流れ

税務関係書類への個人番号の記載と本人確認の実施

税の分野における手続には、マイナンバーの個人番号の記載と本人確認が必要となります。

導入時期

平成28年1月から順次

手続きに必要なもの

  1. 個人番号カードまたは通知カード
  2. 身分証明書(運転免許証等)

手続きの主な流れ

  1. 個人番号または法人番号欄のある申告書、申請書等に、マイナンバーをご記入してください。
  2. 代理人の場合は、次のものが必要となります。
    • 代理権が確認できる書類(戸籍謄本、委任状など)
    • 委任者の個人番号カードまたは通知カードの写し
    • 代理人の運転免許証等の身分証明

マイナンバーが必要な手続

ここでは、税の分野において、マイナンバーの利用が必要となる手続きをご紹介しています。

固定資産税に関する届出(固定資産税係:内線137)

  • 納税管理人の申請、変更申請

  • 納税管理人の不要申請

  • 固定資産税の減免申請

  • 固定資産税の非課税の規定の適用を受けようとするものがすべき申告

  • 償却資産に関する申告

市民税に関する届出(市民税係:内線131)

  • 市民税の減免申請

  • 特別徴収義務者の所在地・名称変更

  • 給与所得の特別徴収の収納の特例に係る申請

  • 退職手当の特別徴収票の提出

  • 退職所得等の分離課税に係る納入申告

  • 軽自動車税の減免(公共・公益)

  • 軽自動車税の減免(身体障害者等)

  • 市たばこ税の申告

  • 入湯税の申告

徴収に関する届出(管理収納係:内線136)

  • 徴収の猶予の申請

  • 換価の猶予の申請

  • 延滞金減免申請

お問い合わせ

垂水市役所税務課

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?