トップ > 暮らしの情報 > 子育て・学び > 子ども教育 > 小学校・中学校 > 垂水市立協和小学校 > 学校紹介 > 校長あいさつ

ここから本文です。

更新日:2022年10月11日

校長あいさつ

感動と夢をもたせる教育の推進

協和小学校長/冨田茂也

冨田茂也校長先生

協和小学校は明治7年に創立され、本年度で144周年を迎えます。校訓は「望み大きくたくましく協力和合」です。

本校区は錦江湾と高隈山系に囲まれた自然豊かな地であり、古くから温泉地として知られています。気候は温暖で、海と温泉に恵まれた無霜地帯の中俣・海潟の両地区からなっています。中俣地区は、田や畑で農作物を生産しており、特にキヌサヤエンドウの栽培が盛んです。また、海潟地区には海潟漁港があり、カンパチ養殖が盛んです。
平成22年3月の中学校統合により協和中学校が閉校となってからは、本校が地域で唯一の学校となったこともあり、住民の学校に対する期待は大きく、また、本校の教育活動に対してはとても協力的です。

本年度,学校目標を「ふるさと協和を愛し,夢に向かって心と体を鍛え,自ら学ぶ児童を育成する」と設定し,体と心,そして自ら学ぶ児童の育成に努めます。本校のキャッチフレーズは「笑顔いっぱい意欲いっぱい夢いっぱい」で、34名の児童と教職員12名が、それぞれ自分の夢をもち、その夢の実現に向けて学習や運動、そしてさまざま活動に意欲的に取り組んでいます。そして、一人一人が目標を達成した喜びに満ち溢れた、笑顔いっぱいの子どもたちを育てていきたいと思います。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?