ここから本文です。

後ヶ迫A遺跡

後ヶ迫A遺跡は、農免農道整備事業に伴い平成8年度に発掘調査された遺跡で、柊原小学校の裏地の、旧国鉄大隅線鉄道跡地内に位置します。作業風景

遺跡からは、古墳時代(約1,500年前)の土器溜り(一定の範囲から集中して土器が出土する場所。一般に土器の廃棄場と考えられる)が4基出土しました。

出土遺物の大半はこの土器溜りから出土したものです。

古墳時代の土器(他に類例を見ないものなど貴重なものも含まれます)や12世紀ごろのやきもの(青磁碗・白磁皿)などが出土しています。

 

土器溜り
土器溜り

土器溜りの表面
土器溜りの表面

ブロック状に検出した土器掘り
ブロック状に検出した土器掘り

土師器片や須恵器片の他に、12世紀頃のものと考えられる青磁碗(龍泉窯系のもので、表面に鎬連弁文(しのぎれんべんもん)が施文されています。)が1点と、やはり12世紀頃のものと考えられる白磁皿(口剥(くちはけ)のものです。)が3点出土しました。

青磁碗
青磁碗

白磁皿1
白磁皿1

白磁皿2
白磁皿2

白磁皿3
白磁皿3

 

通常の成川式土器の器種に見られる甕形土器・壷形土器・鉢形土器・高坏形土器・坩形土器・ミニチュア土器等の他に、突帯を有する高坏・黒塗りの高坏等貴重なものが出土しています。

 

坩形土器
坩形土器

土器集合写真土器集合写真

お問い合わせ

垂水市教育委員会社会教育課文化スポーツ係

鹿児島県垂水市田神2750-1

電話番号:0994-32-7551

ファックス:0994-32-7554

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

更新日:2020年8月11日