トップ > 暮らしの情報 > 産業・労働・定住 > 定住促進 > 大隅定住自立圏の形成に関する協定書

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

大隅定住自立圏の形成に関する協定書

定住自立圏構想

日本の総人口が、今後、急速に減少することが見込まれている中、三大都市圏と地方との格差是正を目的に、圏域の中心市とその周辺市町村が協定に基づく相互の役割分担のもと、住民の生活に必要な機能を確保し、人口流出の抑制と定住促進による地域活性化を目指す地方再生の新たな取組です。

締結の理由

垂水市は、中心市の鹿屋市と相互に役割を分担して定住に必要な都市機能や生活機能を確保・充実させ、大隅圏域への人材の誘導を促進するために「大隅定住自立圏の形成に関する協定」を締結いたしました。

締結日

平成21年10月6日

この協定について、平成21年9月議会で締結の議決を得たことから住民の皆様にお知らせするものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

垂水市役所企画政策課地域振興係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625