トップ > 暮らしの情報 > まちづくり・環境・交通 > 環境・エネルギー > 害虫 > イヌマキ等の害虫「キオビエダシャク」にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2022年6月13日

イヌマキ等の害虫「キオビエダシャク」にご注意ください!

キオビエダシャクとは

キオビエダシャクは、イヌマキやナギの葉を食べる害虫です。年数回発生し、幼虫は葉を丸坊主になるまで食害することもあり、被害にあった樹木が枯死する場合もあります。

庭などにイヌマキやナギを植栽しているご家庭では十分な注意をお願いします。

分布

東南アジア一帯から日本にかけて広く分布しており、日本では、主に奄美大島以南の南西諸島に自然分布しています。

近年、九州本土へ侵入・定着し、鹿児島県においても被害が発生しています。

生態等

  • 成虫は、体長約2cm、開長約6cmです。全体的に濃紺で、羽には黄色の帯があります(左写真)。
  • 幼虫は、体長約5cmです。オレンジ色、黒色(灰色)及び黄色の模様をしたシャクトリムシです(右写真)。

キオビエダシャク成虫キオビエダシャク幼虫

 

駆除方法

イヌマキやナギを定期的に観察し、幼虫の早期発見と防除に努めることが重要です。

  1. 少数発生している場合は、木を揺すり、落下した幼虫を捕殺又は拾い集めて焼却してください。
  2. 大量発生している場合は、トレボン乳剤(4,000倍希釈)、スプラサイド乳剤40(1,500~2,000倍希釈)又はロックオン(1,000倍希釈)を下表の使用方法を守って散布してください。ただし、薬剤散布の効果があるのは幼虫だけです。

薬剤名

(有効成分)

希釈倍数

使用液量

(10アール当たり)

使用時期

本剤の使用回数

使用方法

同じ有効成分を含む農薬の総使用回数

トレボン乳剤

(エトファンプロックス)

4000倍

100~700

リットル/10a

幼虫発生初期

6回以内

散布

6回以内

スプラサイド乳剤40

(DMTP)

1500~2000倍

200~700

リットル/10a

発生初期

5回以内

散布

5回以内

ロックオン

(フルベンジアミド)

1000倍

200~700

リットル/10a

発生初期

2回以内

散布

2回以内

アディオン乳剤

(ペルメトリン)

4000~8000倍

200~700

リットル/10a

発生初期

6回以内

散布

6回以内

 

自分で薬剤散布をする時に気をつけること

  1. 薬剤散布を行う前には、あらかじめ近所の方にも連絡し、また、周辺の農作物や通行人等に飛散しないように注意しましょう。
  2. 薬剤散布は、風がない時に、日中の暑い時間を避け、朝夕の涼しい時間帯に行い、薬剤がムラなく葉の裏にもかかるようにしましょう。(幼虫は葉の裏にもいます。)
  3. 薬剤の使用にあたっては、ラベルの説明書を必ず読んで、記載内容に従って正しく使用しましょう。
  4. 薬剤の希釈倍数を間違えないように注意しましょう。(決められた希釈倍数より濃い濃度での散布はできません。)
  5. 薬剤散布を行う際は、薬剤が体に付着しないようにマスク、手袋、帽子、長靴、雨合羽などを着用しましょう。
  6. 薬剤散布後はただちにうがい、洗眼を行い、また手足等を石鹸で洗い、衣類は下着まで着替えましょう。
  7. 住宅地等における農薬使用については農林水産省のリーフレット(PDF:1,008KB)をご参照の上、周辺住民や子供等へ健康被害が生じないよう注意しましょう。

自分で薬剤散布ができない場合

自分で薬剤散布ができない場合は、以下の団体で薬剤散布を受託していますのでご相談ください。

  • 公益社団法人垂水市シルバー人材センター:0994-32-9781
  • 大隅森林組合垂水支所:0994-32-5019

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

垂水市役所生活環境課環境衛生係

鹿児島県垂水市本城3898-1

電話番号:0994-32-1297

ファックス:0994-32-6920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?