トップ > 市政の動き > 統計調査 > 経済センサス > 経済センサス-活動調査

ここから本文です。

更新日:2021年1月27日

経済センサス-活動調査

総務省では、令和3年5月から令和3年6月までの期間、経済センサス活動調査を実施します。

このページではその内容についてご紹介しています。

経済センサス-活動調査を実施します

調査時期

令和3年5月から令和3年6月までの期間で実施します

調査目的

経済センサス-活動調査は、経済構造統計を作成するために行う調査であり、全産業分野の売上(収入)金額や費用などの経理項目を同一時点で網羅的に把握し、我が国における事業所・企業の経済活動を全国的及び地域別に明らかにするとともに、事業所及び企業を対象とした各種統計調査の母集団情報を得ることを目的としています。

調査対象

市内産業分野における全ての事業所

事業所とは

この調査における「事業所」とは、物の生産や販売、サービスの提供などの経済活動が単一の経営主体のもとで、一定の場所を占めて、従業者と設備を有し、継続的に行われているものをいいます。

例えば、商店、旅館、工場、倉庫、銀行、学校、神社・寺院、病院、学習塾など、一定の場所を占めて、従業者と設備を有し、継続的に事業活動を行っている場所が事業所です。ただし、同じ場所にあっても経営者が異なる場合は、別の事業所となります。

調査の日程

調査票送付(令和3年5月中旬から下旬)

調査員が事業所を訪問し配布します。支社等を有する企業及び一部の単独事業所は、国が企業の本社宛てに傘下の事業所分を含めた調査票を郵送します

調査票の回収方法

調査票の回収(令和3年6月1日以降)

インターネット回答(令和3年6月1日~)または、6月1日以降に調査員が記入済の調査票を回収する方法により行います。

経済センサスとは

令和元年度に実施した「基礎調査」は、事業所・企業の属性など、基本的な事項の把握に重点を置いたものです。

このたびの「活動調査」は、売上・費用、設備投資など、企業の経済活動に重点を置いたものとなります

報告義務、秘密の保護

この調査は、統計法(平成19年法律第53号)に基づく基幹統計調査として実施され、「統計法」に基づき、回答する義務(報告義務)と、これに反したときの罰則が定められています。

調査票の情報は保護され、回答いただいた内容は統計作成の目的以外(税の資料など)には絶対に使用しません。

かたり調査について

経済センサス-活動調査をよそおった「かたり調査」にご注意ください!

「かたり調査」は、統計調査の実施を妨げるだけでなく、詐欺やその他の犯罪にもつながりかねません。調査員は、その身分を証明する『経済センサス-活動調査調査員証』及び『従事者用腕章』を携帯していますので、不審に思った際には、回答せず速やかに市総務課情報統計係にお知らせください

お問い合わせ

垂水市役所総務課情報統計係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?