トップ > 暮らしの情報 > 子育て・学び > 教育・文化 > 教育委員会 > 新型コロナウイルス感染症(学校関係) > 新型コロナウイルスの感染者の発生状況を踏まえた垂水市内小・中学校の教育活動実施や臨時休業の考え方と学校等で感染者等が出た場合の対応について

ここから本文です。

更新日:2020年4月15日

新型コロナウイルスの感染者の発生状況を踏まえた垂水市内小・中学校の教育活動実施や臨時休業の考え方と学校等で感染者等が出た場合の対応について

日頃から垂水市の教育行政につきまして、多大なるご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

さて、先日、7都府県に「緊急事態宣言」が出され、その他の都道府県でも感染拡大が続き、場所によっては学校の一斉臨時休業の措置がとられるなど、子どもたちを取り巻く教育環境は大変厳しい状況が続いております。

しかし、本市においては、保護者の協力をもらいながら、新型コロナウイルスに対する様々な集団感染防止策を講じ、4月6日(月曜日)から学校教育活動を再開し、通常の教育活動が実施できているところです

ただ、今後も新型コロナウイルスという正体の分からない相手との戦いは長期戦が予想されます。だからこそ、学校職員、児童生徒、保護者、地域住民が一丸となって戦う必要があります。その際には、感染者等への差別や偏見等がないよう人権に最大限配慮した対応も必要です。さらに、現在は感染者が確認されていない本市においても、今後は感染者が出てくることも考えながら、子どもたちの教育活動を前に進めることの重要性と安全・安心を確保するための感染拡大防止を考慮し、迅速かつ的確な判断を行う必要があります。

つきましては、現時点においては、下記のような考えや方針で対応して参りますので、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

1.臨時休業の実施に関する基本的な考え方

「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(令和2年4月1日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議)や文部科学省からの「新型コロナウイルス感染症に対応した臨時休業の実施に関するガイドライン」を参考に判断します。特に、専門家会議の提言の中で示された「地域ごとの対応に関する基本的な考え方」を踏まえ、直近1週間の状況から、「1.感染拡大警戒地域」、「2.感染確認地域(一定程度で抑えられている状態)」、「3.感染未確認地域」のどの地域に該当するかを考え、その状況に合わせた対応を検討します。
なお、児童生徒又は教職員の感染が判明した場合には、本県や本市の衛生管理部局等と連携し、当該感染者の症状の有無、学校内における活動の態様、接触者の多寡、地域における感染拡大の状況、感染経路の把握の有無等を確認しつつ、児童生徒に対する学校教育の重要性とのバランスも考え、これらの点を総合的に考慮し、臨時休業の必要性について、関係機関と十分相談の上、実施の有無、規模及び期間について判断します。

【現状認識】
本市内は感染者が確認されておらず、近隣地域も含めて、感染が一定程度に抑えられている地域(専門家会議の2.「感染確認地域」)との判断から、現時点では、新型コロナウイルスの集団感染防止策を徹底することで、各小・中学校の教育活動を実施可能と判断しています。

2.学校において児童生徒や教職員等の感染等が判明した場合の対応について

(1)学校の児童生徒・教職員感染者となった場合の措置

  • 学校保健安全法や「新型コロナウイルス感染症に係る対応」等に基づき、当該児童生徒は、出席停止、当該教職員は、自宅待機とします(治癒するまでの期間)

(2)学校の児童生徒・教職員濃厚接触者と特定された場合の措置

  • 感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間の出席停止(自宅待機)とします。

(3)校内で感染者等が発生した場合の学校の対応

  • 校内での児童生徒の感染者や濃厚接触者が1人の場合は、学級閉鎖(原則2週間)とする。2人以上であれば、当該学校は臨時休業(原則2週間)とします。
  • 教職員が感染者等になった場合は、校内での児童生徒との関わり等の状況から判断し、学級閉鎖や学年閉鎖、臨時休業等の対応とします。
  • 小規模校は、児童生徒や職員の感染者が1人でも臨時休業とします(原則2週間)。

3.市内の別な学校で感染者等が発生した場合の他の学校の対応について

基本的には、感染者が発生した当該学校のみの対応とします。ただし、当該感染者や濃厚接触者の学校外での活動状況や感染経路等によっては、関係のある学校も含めて、臨時休業等の対応を検討します。

4.市内の学校以外で感染者が出た場合の対応

基本的に、地域の感染状況が「1.感染拡大警戒地域」でなければ、学校は通常どおりとします。ただし、当該感染者の感染経路等によっては、関係のある学校も含めて、臨時休業等の対応を検討します。

5.保護者の皆様へのお願い

  • 現在行っている毎朝の体温や体調チェックと学校への報告等の徹底をお願いします。
  • 咳や37.5℃以上の発熱等の風邪症状がある場合には、登校を控えさせてください(この場合は欠席ではなく「出席停止」とします。)。
  • 学校で上記のような症状が見られた場合は、保護者に連絡を取りますので、下校・自宅待機のご協力をお願いします。
  • 感染が拡大している地域に訪問や同地域から帰省した同居のご家族がいて、体調面が不安な場合や、ご家族の中で上記の症状が見られた場合など、状況に変化がございましたら、学校にも可能な範囲でお知らせください。ご家庭と連携して、学校生活の中でも健康観察等をより徹底した対応を検討します。
  • 喘息等の呼吸器等の基礎疾患等があるなど、感染防止の観点から登校させることが心配という場合は、まず学校に相談してください。状況をお聞きした上で、欠席扱いではなく出席停止等での対応も可能としています。
  • 感染者等への差別や偏見、いじめ等がないようにご家庭でもご指導ください。

6.その他

市内や隣接市町の感染拡大の状況等により、本市が「1.感染拡大警戒地域」となった場合や近隣地域でオーバーシュート(爆発的患者急増)が生じた場合、関係機関等との協議の中で更なる対応をする必要性があると判断した場合は、上記の対応は変更となります。

本情報は4月15日時点のものです。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

垂水市教育委員会学校教育課学校教育係

鹿児島県垂水市旭町61-2

電話番号:0994-32-7213

ファックス:0994-32-4165

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?