トップ > 暮らしの情報 > まちづくり・環境・交通 > まちの話題 > 令和2年度まちの話題 > 令和2年8月まちの話題 > 令和2年8月8日(土曜日)新型コロナ収束を願い疫病退散花火

ここから本文です。

更新日:2020年10月12日

令和2年8月8日(土曜日)新型コロナ収束を願い疫病退散花火

令和2年8月8日(土曜日)新型コロナ収束を願い疫病退散花火

8月8日、浮津港、垂水港、垂水南漁港(新城地区)の3カ所で、新型コロナウイルス感染症の収束を願い、疫病退散花火が打ち上げられました。これは、同日開催予定であった市内夏の最大のイベントである「たるみずふれあいフェスタ夏祭り」が新型コロナウイルスの影響で中止となったことから、垂水市商工会青年部が主催したものです。当日は、3密を避けるため、詳細な時間や場所は告知せず、3カ所同時に打ち上げられました。5分間ゆっくりとしたペースで上げられた花火は、静かに各地区の夜空を彩りました。

お問い合わせ

垂水市役所企画政策課秘書広報係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?