トップ > 暮らしの情報 > 子育て・学び > 子ども教育 > 小学校・中学校 > 垂水市立柊原小学校 > 学校紹介 > 校長挨拶

ここから本文です。

更新日:2018年4月28日

校長挨拶

校長/仲村智博

柊原小学校は、明治11年に創立され、本年度で創立141年を迎える伝統校です。「自ら学ぶ子・やさしい子・元気な子」の校訓のもと、「自ら学び、豊かな心をもち、たくましく生き抜く柊原の子どもを育てる」を学校教育目標に“笑顔があふれ、会話の弾む学校”をキャッチフレーズとして、学校と保護者、地域が連携して、子どもたちを育てています。

柊原小学校区は、錦江湾岸に沿って、南北に37kmにわたって延びる垂水市の南部に位置しています。東部には高隈山系が迫り、西部には錦江湾を更にその先には薩摩半島を望み、風光明媚なところです。

校区の方々は、学校にとても協力的です。気候温暖であり、鹿屋市や鹿児島市の市場に近いという立地条件から、園芸農業等が盛んに行われています。

そのような環境の中、本年度19名の子どもたちは、毎日元気に登校し、笑顔と会話がいっぱいの学校生活を送っています。

また、地区公民館を中心とした各種団体の活動が、活発に行われています。そして、子ども会育成会は、地区公民館と連携し、伝統行事「おろごめ」や「かべうっくじぃ」、「親子浜駅伝」を継承するために活発に活動しています。

平成30年4月

 

 


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?