トップ > 暮らしの情報 > 防災・防犯 > 平成28年熊本地震 > 熊本地震に係る被災者の応急仮設住宅の入居について

ここから本文です。

更新日:2016年8月29日

熊本地震に係る被災者の応急仮設住宅の入居について

平成28年熊本地震によって被災し、鹿児島県へ長期にわたり避難される世帯に対し、民間賃貸住宅を県が借り、無償で提供します。

募集開始

平成28年8月25日(木曜日)

対象者

地震発生時に熊本県に居住しており、熊本県から鹿児島県に避難してきた方で、次の1~3のいずれにも該当する方が対象となります。

  1. 当該災害により、次の(1)~(3)のいずれかに該当する者
    • (1)住居全壊又は大規模半壊により居住する住宅がない。
    • (2)二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を受けているなど、長期にわたり自らの住居に居住できないと市町村長が認める者
    • (3)「半壊」であっても、住み続けることが危険な程度の傷みがあったり、生活環境保全上の支障となっていることなどにより取り壊さざるを得ない家屋を解体・撤去することに伴い、自らの住居に居住できない者
  2. 自らの資力をもってしては住居を確保することができない者
  3. 当該災害により法に基づく住宅応急修理制度を利用していない者

支援の内容

入居期間

最長2年(入居期間経過後は退去していただくか、貸主等と相談し、個人で契約していただくこととなります。)

室面積

応急仮設住宅の基準室面積(29.7平方メートル)を基準とします。ただし、入居予定世帯の家族の状況に配慮します。

家賃の参考基準額

  • 入居世帯員数が4名までの場合/1か月あたり6万円まで
  • 入居世帯員数が5名以上(未就学児を除く)の場合/1か月あたり9万円まで

費用負担

次の費用は、県が負担します。

  1. 家賃/上記基準額のとおり
  2. 礼金/家賃の1か月分を限度
  3. 仲介手数料/家賃の0.54か月分を限度
  4. 退去修繕負担金/家賃の2か月分を限度
  5. 損害保険料/年間1万円を限度

その他費用については、入居者負担となります。

その他

手続き上、本人確認の必要な場合がありますので、運転免許証等の身分証明書をお持ちになって窓口をお訪ねください。

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土日、祝日を除く)

申込・お問い合わせ先

県庁社会福祉課福祉企画係

TEL:099-286-2824

FAX:099-286-5568

垂水市総務課安心安全係

TEL:0994-32-1111(内線223)

お問い合わせ

垂水市役所総務課安心安全係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?