トップ > 市政の動き > 監査 > 健全化判断比率等審査 > 平成29年度健全化判断比率審査及び資金不足比率審査意見書

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

平成29年度健全化判断比率審査及び資金不足比率審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率とは

健全化判断比率(実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率)及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類は、適正に算定され又は作成されているか審査しています。

健全化判断比率審査

審査対象

財政健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類

審査期間

平成30年8月21日~平成30年8月23日

審査方法

この審査にあたっては、市長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。

審査結果(総合意見)

審査に付された下記、健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認めた。

資金不足比率審査

審査対象

  1. 地方卸売市場特別会計
  2. 漁業集落排水処理施設特別会計
  3. 簡易水道事業特別会計

審査期間

平成30年8月21日~平成30年8月23日

審査方法

この審査にあたっては、市長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。

審査結果(総合意見)

審査に付された下記、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認めた。

意見書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

垂水市役所監査事務局

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?