トップ > 暮らしの情報 > 健康・医療 > たるみず元気プロジェクト > 垂水市スーパーバイザー

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

垂水市スーパーバイザー

垂水市スーパーバイザー

垂水市スーパーバイザーとは

垂水市スーパーバイザーとは、「垂水市の健康長寿・子育て支援」をテーマとしたモデルケース構築の事業計画に向けて、専門的見地からの助言を行う役割を担っています。そのため健康に関するさまざまなデータを収集・分析し、垂水市の健康長寿・子育て支援に最適な取組を提案するとともに、具体的な取組の実践まで関わっていただきます

垂水市スーパーバイザー委嘱式

垂水市スーパーバイザープロフィール

  1. 氏名/大石充
  2. 肩書き/鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学教授、鹿児島大学病院副病院長兼病院長補佐
  3. 委嘱日/平成29年4月30日
  4. 経歴
  • 平成2年3月/大阪大学医学部卒業
  • 平成2年7月/大阪大学医学部附属病院老人科非常勤医員
  • 平成3年7月/桜橋渡辺病院循環器内科医師
  • 平成6年10月/大阪大学老年病医学(第四内科)研究生
  • 平成9年6月/豪州ハワード・フローリー研究所VisitingResearcher
  • 平成10年1月/豪州ハワード・フローリー研究所SeniorResearchOfficer
  • 平成11年9月/大阪大学加齢医学(第四内科)医員
  • 平成12年4月/長寿科学振興財団リサーチ・レジデント
  • 平成13年1月/大阪大学加齢医学(第四内科)助手
  • 平成19年12月/大阪大学老年・腎臓内科学講師
  • 平成21年4月/大阪大学医学部附属病院老年・高血圧内科病院教授(兼任)
  • 平成25年2月/鹿児島大学大学院循環器・呼吸器・代謝内科学教授
  • 平成25年4月/鹿児島大学大学院心臓血管・高血圧内科学教授(名称変更)
  • 平成26年4月/鹿児島大学病院病院長補佐(診療・研究担当;兼任)~27年3月
  • 平成27年4月/鹿児島大学病院副病院長(特命:人事担当;兼任)~29年3月
  • 平成29年4月/鹿児島大学病院副病院長(特命:将来構想・年次計画担当)兼病院長補佐(医療安全担当)(兼任)
  • 平成29年4月/垂水市スーパーバイザー(兼任)

ご挨拶

垂水市の皆さん、こんにちは。鹿児島大学病院副病院長の大石充と申します。

垂水市には、豊かな食材や温泉などの資源がたくさんあり、地理的にも県内で人口の多い3つの自治体に囲まれており、大変魅力のある自治体だと思います。

また、研究者としての視点から見ても人口規模、高齢化率など高齢者向けの対策を行うのに最適な環境であると考えております。

これから垂水市で、元気で長生きできる高齢者が増えていくために、25年以上にわたり、楽しく健康づくりができる方法や環境づくりのお手伝いをさせていただきます。

具体的には、医療の分野だけでなく、運動、栄養、歯科、お薬、データの分析・評価などの専門家によるチームを編成し、トータルとしての「健康づくり」を考え、実践していきます。そのためには専門家だけが頑張ってもうまくいきません。市民の皆様もご自身の健康づくりと考えて、これから始まる事業へ積極的にご参加いただきたいです。

また子育て支援の分野についても、垂水市にアドバイスをしてまいりますが、私は、「今、垂水市にいる人達の幸せを考え、若者がベストを尽くせる環境づくり」が必須だと考えています。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

  • 広報たるみず平成29年6月号特集より引用

リンク

お問い合わせ

垂水市役所保健課地域包括ケア係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?