トップ > 魅力まとめ読み > ふるさと納税 > 申告特例申請書(ワンストップ特例申請)

ここから本文です。

申告特例申請書(ワンストップ特例申請)

ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは、確定申告をする必要のない給与所得者等の方が、地方公共団体に寄附する際に寄附先団体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出し、
寄附先団体が、寄附された方の住所地の市町村へ控除申請を代わりに行うことで、寄附金控除を受けられる特例的な仕組みです。

申請につきましては、「ふるさとチョイス(垂水市)」の寄附申込フォームの中でお申込いただけます。

申込

ワンストップ特例の対象者

次の条件を満たす方になります。

  1. 地方税法附則第7条第1項(第8項)に規定する申告特例対象寄附者であること
    ⇒ふるさと納税による寄附金控除を受ける目的とは別に、所得税や住民税の申告をする必要がない方
    (例)年収2000万円を超える所得者や、医療控除等のために確定申告が必要な場合は、対象外となります。確定申告で寄附金控除を申請してください。
  2. 地方税法附則第7条第2項(第9項)に規定する要件に該当する者であること
    ⇒ふるさと納税による寄附先団体の数が5以下であると見込まれる方

ワンストップ特例申請書提出期限

平成30年寄附分の提出期限/平成31年1月10日(必着)
  • 対象者/平成30年1月1日~平成30年12月31日にご寄附いただいた方
  • ご注意/平成31年1月7日までの投函をお願いします。

ワンストップ特例申請書の入手方法

ワンストップ特例申請書は原則、ご寄附完了後に本市から寄附者へ郵送にてお送りいたします。

ただし年末においては、申請書の提出期限が差し迫っていることから、寄附金の支払方法に応じて、寄附者自身で申請書をダウンロードいただき、ご提出をお願いいたします。

ワンストップ特例申請書のダウンロード

平成30年寄附分ワンストップ特例申請書

ワンストップ特例申請事項変更届出書

ワンストップ特例制度の申請書を提出後、寄附した年の翌年1月1日までの間に名前や住所等(電話番号を除く)の内容に変更が生じた場合、「申請事項変更届出書」と「変更後の内容が証明できる書類の写し」の提出が必要となります。提出は、寄附した年の翌年1月10日までにご提出してください。

(変更後の内容が証明できる書類の写しの例:住所変更の場合・・・運転免許証の写し両面(住所変更の裏書の済んだもの))

ワンストップ特例申請書及び変更届出書の提出先

  1. ご提出先/垂水市ふるさと納税コールセンター
  2. 郵便番号/〒891-2115
  3. 住所/鹿児島県垂水市浜平2036番地6

ワンストップ特例の申請方法

ワンストップ特例制度をご利用の方は、次の申請書等をご提出ください。(提出先は上記をご覧ください。)

  1. 寄附金税額控除に係る申告特例申請書
    ※申請書は、「ふるさとチョイス」「ふるなび」「楽天」からの寄附申込時に、入力フォームからお申込みください。後日郵送にて本市からお送りいたします。
    ※申請書内には、必ずマイナンバーを記載すること
  2. 次のような添付書類が必要です。
    (個人番号カード、通知カードの有無により必要資料が変わります。)

ワンストップ特例申請に必要な添付資料

 

「個人番号カード」を持っている人

「通知カード」を

持っている人

「個人番号カード」

「通知カード」

のどちらも無い人

個人番号確認の書類

個人番号カード

の裏コピー

通知カードのコピー

(住所変更がある場合は

表面・裏面のコピーが必要です)

個人番号が記載された住民票の写し

本人確認の書類

個人番号カード

の表のコピー

下記のいづれかの身分証のコピー
・運転免許証(住所変更がある場合は表面・裏面のコピーが必要です。)
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
※写真が表示され、

氏名、生年月日または

住所が確認できるよう

にコピーする。

下記のいづれかの身分証のコピー

運転免許証(住所変更がある場合は表面・裏面のコピーが必要です。)
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
※写真が表示され、

氏名、生年月日または

住所が確認できるよう

にコピーする。

 

ワンストップ特例に関しよくある質問

1つの自治体に複数回寄附する場合、申請書は毎回必要ですか?

寄附を行う都度に、ワンストップ特例申請を行う必要があります。

  1. 申請書とその他の必要書類は、寄附ごとに自治体に郵送する必要があります。
  2. 例えば、同じ自治体に2回寄附をした場合は、計2通の申請書と必要書類を郵送します。
  3. 申告漏れは控除の対象になりませんのでご注意ください。

ワンストップ特例でいくつの自治体へ寄附できますか?

ワンストップ特例で可能な自治体数は、5自治体までです。

  1. 5自治体を超える場合は、確定申告を行う必要があります。
  2. 1つの自治体に複数回寄附した場合は、1カウントとなります。
    (例)A市へ3回寄附した場合でも、寄附した自治体数は1箇所となり、残り4つの自治体での寄附において、ワンストップ特例を行うことができます。

ワンストップ特例申請書を提出後に、名前や住所等が変わった場合は、何か申請が必要ですか?

申請事項変更届出書の提出が必要です。

ワンストップ特例制度の申請書を提出後、寄附した年の翌年1月1日までの間に名前や住所等(電話番号を除く)変更があった場合は、「申請事項変更届出書」をダウンロードし、必要な事項を記載して、寄附した年の翌年1月10日までに、申請書をご提出してください。

参考サイト

問い合わせ先

垂水市ふるさと納税コールセンター

垂水市では、ふるさと納税に関する問い合わせ窓口として、「垂水市ふるさと納税コールセンター」を設けています。

  • 受付時間/平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後5時
  • メール送信先/[furusato@tarumizumirai.co.jp]
  • TEL/0994-32-5565
  • FAX/0994-32-5575
  • 〒891-2115鹿児島県垂水市浜平2036番地6

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

垂水市役所企画政策課秘書広報係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111(内線271)

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

更新日:2018年11月13日