トップ > 暮らしの情報 > まちづくり・環境・交通 > まちの話題 > 平成30年度まちの話題 > 平成30年4月まちの話題 > 平成30年4月24日(火曜日)ブリ人工種苗生産施設開所式輸出拡大に期待

ここから本文です。

更新日:2018年7月10日

平成30年4月24日(火曜日)ブリ人工種苗生産施設開所式輸出拡大に期待

平成30年4月24日(火曜日)ブリ人工種苗生産施設開所式輸出拡大に期待

4月24日(火曜日)、柊原地区の鹿児島県種苗生産施設でブリ人工種苗生産施設の開所式が行われました。この施設では、カンパチやヒラメの稚魚の生産を行っており、今回新たにブリの稚魚生産施設が開設されました。エサや生育状況など生産履歴の管理が可能な人工種苗は、海外で需要が高く、輸出拡大が期待されています。当日は、三反園知事、尾脇市長をはじめ約120名が出席し、式典後に施設内の見学も行われました。垂水市は国内でも高いブリの輸出額を誇るため、本格稼動に向けて期待が高まっています。

お問い合わせ

垂水市役所企画政策課秘書広報係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?