トップ > 暮らしの情報 > まちづくり・環境・交通 > まちの話題 > 平成29年度まちの話題 > 平成30年2月まちの話題 > 平成30年2月3日(土曜日)図書館講座第六垂水丸遭難を語り継ぐ

ここから本文です。

更新日:2018年3月14日

平成30年2月3日(土曜日)図書館講座第六垂水丸遭難を語り継ぐ

平成30年2月3日(土曜日)図書館講座第六垂水丸遭難を語り継ぐ

2月3日(土曜日)、図書館講座が「第六垂水丸遭難と戦争体験」をテーマに垂水市立図書館で開催されました。これは、昭和19年2月6日に起きた、日本海難史上2番目の海難事故といわれる第六垂水丸の転覆事故と戦時中の悲惨さを後世に語り継ぐことを目的に毎年行われているものです。当日は、事故の様子や、戦争体験記の朗読なども行われ、参加者の方々は熱心に聞き入っていました。寿小学校1年の黒田和見さんは、「悲しい事故があったことを始めて知り、泣きそうになりました」と話していました。

お問い合わせ

垂水市役所企画政策課秘書広報係

鹿児島県垂水市上町114

電話番号:0994-32-1111

ファックス:0994-32-6625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?